闇金からの取り立て被害|解決方法はこちら

闇金とは違法な金融業者のことですから、基本的に関わらない、お金を借りないようにすることが大切です。しかし、一般の消費者金融などからお金を借りることができなくなったなどの理由で、闇金と関わってしまう場合もあるでしょう。
一度こういった危険な業者からお金を借りてしまうと、なかなか関係を絶つことができなくなるといわれており、違法な取り立てなどに悩んでいる方もお多いのではないでしょうか。
闇金の取り立て被害として、自宅や勤務先に何度も訪問をしたり、親や兄弟、親戚の家まで押しかけたり、ということが挙げられます。こうした被害にあった場合、すみやかに警察に連絡するべきですが、闇金もプロですので、違法性を証明しにくい方法で、執拗な取り立てを行うとされています。そんな場合には、闇金の問題に詳しい専門家のところへ行き、債務整理の相談をするのが良いでしょう。
弁護士や司法書士に依頼をして、債務整理をスタートすると「受任通知」が債権者に送られるのですが、これを受け取った時点で、債権者は取り立てを行うことができなくなります。債務整理をするには、弁護士に支払う費用が必要となりますが、法律の専門家を味方につけることは、効果的な闇金対策となります。

 

闇金の取り立て手口

闇金の取り立て手口は年々巧妙化しています。
闇金への支払いが滞るとすぐに取り立てが始まります。少しでも返済が遅れると、勤務先や親兄弟・親戚などにまで、
脅迫まがいの電話をかけてきて、厳しい取り立てを行い、精神的に追い詰め、違法な高金利の利子を支払わせます。
闇金に悩む人は、警察に相談する人が多いですが、それは闇金側も重々承知した上で取り立てをしてきます。
勿論、、警察が待っている家に直接取り立てに行くようなことはせず、最近では、携帯電話を使って行っています。
携帯電話が普及している今、これがかえって闇金にとっては、好都合となっています。借りた本人と直接話ができ、直接家まで行く必要がないからです。携帯電話にはしつこいほど電話がかかってきます。それは本人のみならず、家族にも掛けてきます。場所、時間は問いません。深夜、そして仕事中も関係なくかかってきます。
このようにして、借りた人間にプレッシャーを与えていくのです。根負けしてお金を払ったら、更にひどい取り立てが続きます。
会話は意外にソフトなしゃべりです。これは脅してしまって訴えられた時に不利になるという考えがあるからです。
闇金の取り立ては、時代とともに巧妙になっていますので、まずは、関係を持たないことが一番重要です。